アロマテラピーの資格と仕事

「アロマテラピー」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?ご存知の方が大勢いらっしゃると思いますが、名前くらいしか聞いたことが無いという方もいらっしゃることでしょう。

アロマテラピーとは、アロマとテラピーを組み合わせて造った言葉で、アロマ(Aroma,香法)+テラピー(Therapy,療法)=「アロマテラピー」(AromaTherapy,香法療法)という意味です。

言葉の通り香りを使った方法で身体共に療法(癒す)という意味を持っています。例えば、ローズのような花の香りでなんだか優しい気持ちや幸せな気持ちになったり、ペパーミントのようなスーッとした香りで鼻の通りがよくなったりするような事はありませんか?

こういった現象は全て香りが身体に影響を与え、効果を発揮していると言うことです。このような現象を使い、アロマテラピーとは香りが持つ作用を利用して効果的に作用させているのです。

また、植物の成分を凝縮させて抽出した精油を使って行う自然療法なので、香りを嗅いだり、直接肌に塗布して成分を吸収させることによって本来人間が皆持っている自然治癒力を高めて心身を改善させ、健康や美容、一般生活に役立たせて行くことが出来ます。

アロマテラピーは中世の方ではかなり昔から浸透していたようですが、日本ではほんの20年前に名前が知れ渡り始めたようです。まだ名前が知れ渡り始めてから20年位しか経っていないのに、香りや効能に興味を持ったり、生活の一部に取り入れたり、学んだりしたいという人が増えています。

今の現代社会がアロマテラピーの効能を必要としているので、こういった現象が起こっているのかもしれません。ここ近年で、サロンや専門店、スクールなど多くなってきているのも必要とされている、生活に役立っているという事なのでしょうね。

アロマテラピーの資格と仕事項目一覧

Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved