アロマテラピー キャリアオイル


アロマテラピーは、一般的にエッセンシャルオイルにキャリアオイルを使用して行われています。

キャリアオイルは、未精製タイプと精製タイプの2種類があり、エッセンシャルオイルを希釈するための植物性のオイルで、ビタミン・ミネラル・必須脂肪酸などを豊富に含んでおり、ベースオイルとも呼ばれます。

キャリアオイルの効果には、栄養分の補給を皮膚へ行ったり、肌の軟化作用効果があったり、エッセンシャルオイルの成分を体内へ浸透させ、トリートメントをスムーズに行ったりという効果があります。

オイルの種類によっては、すり傷・切り傷や無駄な角質を除去してくれる効果も期待できます。これはオイルによって皮膚生成が促進されるためです。

また、エッセンシャルオイルには揮発性のものと脂溶性のものがあり、これをキャリアオイルに混ぜると、良く溶け、揮発しにくくなるという特徴を持っています。そのため、キャリアオイルとエッセンシャルオイルを合わせて使うことで、体への精油の吸収率もぐっと上がることになります。

キャリアオイル自体にも、エッセンシャルオイルと同じように栄養素やビタミン、ミネラルを含んでいるので、用途別に使い分けることで高い効果を得ることができます。その他にも、キャリアオイルはアロマトリートメントなどの施術の潤滑剤として用いられています。

オイルを選ぶ際には、出来るだけ100%の天然植物油で、抽出方法が低温圧搾法のキャリアオイルを選ぶことが望ましいです。


Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved