アロマテラピー マッサージ


アロマテラピーマッサージの手技にはいくつか種類がありますが、主に使う手技に、軽擦法(さする)・圧迫法(押す)・揉捏法(もむ)の3種類があります。

全ての手技に共通するのが、強すぎず気持ちいい位の圧で行うのが基本ですが、日本人は強めのほうが好き、という人が多いので、マッサージする相手に強さを聞きながら力加減を調節してください。

アロマテラピーマッサージは、お風呂上りなど、血行がよくなっているときにマッサージするのが効果的です。血液やリンパの流れもよくなり、冷えやむくみが改善され、身体の内側にも作用し、更に美しくなると思います。

赤ちゃんがいるママであれば、赤ちゃんにアロママッサージをしてあげることによって、スキンシップはもちろん、消化を助けてあげる効果が期待できます。また、ママにとってもリラクゼーションになるので、育児によるストレス解消になります。

また、犬などのペットにアロママッサージをしてあげるのも良いですね。ストレス解消にもなりますし、病気の早期発見にも繋がる効果があると思います。

ただ、犬などの場合は、嗅覚が人間の何倍もあるので、先に香りを嗅がせてみて、ペットが嫌がらないかどうか確認してからオイルを使ったほうがいいと思います。

市販のブレンドオイルには、香り用の他に、リラックス用やダイエット用など用途に合わせた色々な種類が販売されているので、その日の気分によってアロマオイルを使い分けるのも楽しいですよね。


Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved