アロマテラピー検定


アロマテラピーには検定試験があるのをご存知でしょうか。最近では、アロマテラピーに関心を抱き、学びたい、仕事をしてみたいと思う人が増えてきているみたいですね。

日本では日本アロマ協会の検定が最もポピュラーで、代表的な検定試験だと思います。この協会の資格は日本アロマ協会がアロマテラピーの健全な普及と発展の為に設定した試験で、アロマテラピー検定1・2級の2種類があり、1級を取得した後には協会に入会するという方法があります。

アロマ協会の検定は5種類あり、アロマテラピー検定2級・1級を取得した後、協会に入会し、さらなるプロフェッショナルな検定、アロマテラピーアドバイザー、インストラクター、セラピストの順に検定を受けることができます。

アロマテラピー検定は、年齢や実務経験等の制限はなく、アロマに関する知識のある人であれば、だれでも、何級からでも受験することが可能な試験です。

アロマテラピー検定2級は、アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問われ、精油10種類に対する基礎知識・プロフィール・歴史などが出題内容となります。

アロマテラピー検定1級は、家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる香りテスト(香りを嗅いで精油名を答えるテスト)で、2級の内容に加え、精油20種類の基礎知識・プロフィール、健康学、法律などが出題内容となります。

出題形式はどちらもマークシート形式で、受験料は6300円です。1級、2級を同時に受験することや、いきなり1級を受験することも可能です。

日本アロマ環境協会公式ページ


Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved