アドバイザー


近年、アロマテラピーに興味を持ち、資格取得をめざす人が増えてきていますね。アロマテラピーの資格には様々な種類がありますが、その中には、アロマテラピーアドバイザーの検定があります。

アロマテラピーアドバイザーの資格取得には、アロマテラピー検定の1級・2級を習得し、その後日本アロマ環境協会に入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講することにより取得することができます。

講習会受講後、登録手続きを行い、手元に認定証が届くとアロマテラピーアドバイザーとして認定されたことになります。認定講習会を受講する際には、受講場所が日本アロマ環境協会の認定校かどうかを確認し、アドバイザーの講習会が受けられるかどうか事前に確認しておくことが大切です。

アドバイザーの資格の内容は、精油やその他の材料についての使用方法、効用の知識、法律・安全面から、正しく社会に伝える能力を認定するという内容になります。

アドバイザーの資格を活かせる仕事としては、アロマテラピーとしてはもちろん、アロマ専門店で、一般の方々に安全に使用してもらう為の使用方法をアドバイスしたり、アロマ関連のボランティアなど多種多様にわたります。

アロマの専門店や販売員の仕事に就く場合には、アドバイザーの資格が必要とされます。色々な人にアロマの楽しさや素晴らしさを伝え、より身近に感じていただけるようアドバイスを行う、とっても魅力的な仕事です。

更にスキルアップしたいという人には、インストラクターやアロマセピストなどの資格があるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。


Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved