インストラクター


アロマテラピーの魅力に魅せられ、アロマに関係する職場で働きたいと思っている人も多くいらっしゃると思います。

アロマテラピーの仕事には大きく分けて3種類あります。日本アロマ協会の資格を基準として考えると、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの3種類となります。

ここではその中のアロマテラピーインストラクターについて紹介していきたいと思います。アロマテラピーインストラクターになるには、まず資格を取得しなければなりません。

ですが、インストラクターの資格を取得する前にまず、アロマテラピー検定1級・2級に合格をし、アドバイザーの認定を受けなければなりません。さらに、アドバイザーの認定を受ける前には、日本アロマ環境協会に入会しておく必要があります。

アドバイザーの認定試験に合格することで、初めてインストラクターの認定試験を受ける受験資格を得たことになります。インストラクターの試験内容には、精油30種類のプロフィールや効用などの理解力、またその知識を社会に広めるというのを前提に小論文形式の問題も出題されます。

アロマテラピーインストラクターの仕事には、専門学校やカルチャースクールの講師、ボランティアなどの教育などがあげられます。また、独立してアロマスクールを開講したり、様々な教室などで出張講師などをやってる方もいます。

アロマについてもっと極めたい、人にアロマテラピーの良さや楽しさ、素晴らしさをもっと広げていきたいという人は、インストラクターの試験を受けてみてはいかがですか。


Copyright © 2008 アロマテラピーの資格と仕事. All rights reserved